独自の仕入れルートをもっていることから、同業他社に比べて、割安な提案ができます!

個人向け住宅から、マンション、工場まで様々な提案が可能です!!

購入前にチェックしておきましょう

防犯カメラ 設置工事

家庭用防犯カメラはどれを選ぶ?設置の方法や料金は?

インターネットで「防犯カメラ」「監視カメラ」などを検索してみると、たくさんの該当商品がヒットします。
近年は防犯意識の高まりと共に、防犯カメラ・監視カメラを設置する一般家庭が増えています。家庭用防犯・監視カメラの価格も、10年前と比べると数十分の一程度と大幅に下がっており、それが家庭用防犯カメラの普及に一役買っていると言えます。
ところがだんだん一般化しているとは言え、いざ購入しようと思っても似たようなカメラ、似たような機能が並び、どれを選んだらいいのか分からない!と迷ってしまう人も多くいるようです。
防犯目的の家庭用防犯カメラ・監視カメラの設置を考えている方へ、どんなカメラを選んだら良いのか、設置の方法やかかる料金について、説明していきますね。使用目的に最適な、品質の良いカメラを選ぶために、参考にしていただければと思います。

家庭用防犯カメラ(監視カメラ)を設置するメリット

防犯が目的なのは当たり前なのですが、その防犯目的のカメラを置くことのメリットは二つあります。

 

空き巣や泥棒の被害を未然に防ぐ

防犯カメラが設置されていることで、空き巣や泥棒に侵入を思いとどまらせることができます。カメラがある家への侵入は躊躇する、カメラのある家は避けようと思う犯罪者が多い傾向にあるからです。

 

証拠として残る

本来は防犯として設置してあるカメラですが、万が一何か事件が起きてしまった時、映像に犯人や犯行の手口が写っていればそれが証拠となり有力な手がかりとなります。
近年では、警察の犯罪捜査においても、町中にある防犯カメラ・監視カメラの映像を集め、手がかりを探す捜査が行われます。商店街、ガソリンスタンド、コンビニ、マンションの入り口などに設置された監視カメラ映像のほか、自分の家が直接事件には関係していなくても、個人の家でカメラを設置している場合、捜査の協力のため映像の提供を要請されることがあります。

 

カメラを設置し犯罪者に近寄りにくい地域を作ることで、自分の住む地域から犯罪を減らすことができ、犯罪が起きてしまった場合にはカメラに残った映像が事件の早期解決・犯人逮捕の役に立つかもしれないのです。

家庭用防犯カメラ・監視カメラはどんなものを選んだらいいの?

どのようなカメラを選ぶのが良いか、それはカメラの使用目的によって変わってきます。空き巣や泥棒などの侵入者対策として使用したいのか、室内にいる子供やペットの様子を確認するために使いたいのか、カメラの購入を決める前にその目的を明確にしておきましょう。

 

今回は防犯目的の監視カメラを選ぶ場合に、考えるべきポイントについてお話しします。

 

屋外

防犯カメラは、一般的にその設置場所は屋外です。建物の入り口付近から外に向けて設置することが多いでしょう。そのような環境下で、カメラは雨や風にさらされることになるので防水仕様であることは必須条件です。
※下の図のようなハウジングにカメラを入れることで、防水仕様でないカメラも屋外で使用することができます。

 

夜間

夜の間の環境の明るさに注意する必要があります。住宅街にカメラを設置する場合、その環境は山の中のように真っ暗というわけでもなく、繁華街のように夜中まで明るいというわけでもないことが多いでしょう。
夜間の間、周囲の家からもれる明かり、街灯、月の光の中で撮影可能なカメラを選びましょう。赤外線LED付き、またはデイナイト機能付きの監視カメラがおすすめです。

 

赤外線LED付きカメラ


周りが暗くなるとセンサーが反応して、赤外線LEDが点灯する仕組みになっています。
赤く点灯するので、夜間の暗がりでもカメラの設置場所や向きなどが分かります。
撮影は白黒画像で、赤外線LEDの届く範囲のみ撮影されますが、街灯などがあれば赤外線LEDが届く範囲外まで撮影されます。

 

デイナイト機能付きカメラ

昼間の明るい間は赤外線カットフィルターを使ってカラーで撮影し、夜間の暗い中ではこの赤外線カットフィルターを使用せず、白黒で撮影します。
赤外線LED付きカメラのようにLEDの点滅がないため、暗がりでも目立ちません。

 

以上の点を踏まえて、監視カメラがそこに設置してあることを目立たせたい(侵入者に侵入をとどまらせたいなど)場合は赤外線LED付きの監視カメラを選び、カメラの存在を隠したい(不法投棄や落書きの犯人の画像を捕らえたいなど)場合はデイナイトカメラを選ぶと良いでしょう。

 

現在、市場には多種多様なカメラが出回っています。

 

こちらの記事で、カメラの種類について細かく説明されています。カメラは大きく分けて七種類に分類されます。

 

家庭用として使用するのにおすすめなのは、AHDカメラ2.0です。このカメラは、今までの監視カメラの主流であったアナログカメラの弱点とされた解析度を克服し、フルハイビジョン映像で撮影ができます。つまり、テレビと同じ高い解析度を有しているのです。さらに、ネットワークカメラなどと比べても、価格が比較的安いことが魅力です。

選ばない方が良いカメラ

カメラにはたくさんの種類があり、多様な用途、目的によって選ぶべきカメラは違うのですが、防犯目的のカメラの購入を考える人にはおすすめしない、選ばない方が良い防犯カメラがあります。

 

SDカードに録画するタイプのもの

空き巣や泥棒対策としてカメラを設置する場合、カメラに内蔵されたSDカードに映像が録画されるタイプのものだと、空き巣や泥棒本人がSDカードを抜き取ってしまうことも考えられます。また、映像を残さないためにカメラ本体を破壊されるようなこともあり、犯罪者の手に届く場所に設置するカメラには、SDカード録画タイプは使わない方が良いでしょう。

 

ワイヤレス(無線)カメラ

無線LANを使うネットワークカメラは室内に設置します。外からの侵入者を防ぐためには、家の中にカメラを設置し侵入者が家に侵入した後の映像を撮るよりも、家の外にカメラを設置することで侵入を躊躇させたり、侵入するその瞬間の映像を撮る方が、当たり前ですがカメラとして効果的です。
使用するのが電源ケーブルのみで、それ以外のケーブルを敷設しなくて良い点は魅力的ですが、通信はやや不安定です。カメラ映像が途中で途切れてしまうことがあり、重要な部分が録画できていなかったなどということがあるかもしれません。
屋外の設置を考えている場合や安定した映像を録画したい人にはワイヤレス(無線)カメラはおすすめできません。

 

子供・ペットの様子を見守る用の、家具の上に設置するタイプのもの

防犯目的ではなく、室内にいる子供やペットの様子を見守るためのカメラであれば、無線LANのネットワークカメラを選ぶのが良いでしょう。
ネット検索してみたところ、3万円程度で良いものが見つかりそうです。

 

HD-SDIカメラ

同じ1080pの解析度でHD-SDIカメラより安く買えるAHDカメラが登場したことで、HD-SDIカメラの生産は減っています。HD-SDIカメラを製造するメーカー自体も今後減少していくでしょう。

防犯カメラ設置の方法

基本の設置方法はどの防犯カメラ、監視カメラでも同じです。
詳しいことは「屋外用防犯カメラの設置・取付方法」の記事を参照してください。

 

@設置する場所の決定

 

A電源の取り方を決定

 

カメラを設置する場所付近に電源がある場合は、通常のACアダブタを使います。カメラ近くに電源がない場合、延長ケーブルを使います。

 

Bケーブルを引き込む場所の決定

 

屋内にケーブルを引き込む必要があるので、その場所と方法を決めます。
壁に穴を開けるか、エアコンのダクトを使うか、隙間ケーブル(フラットケーブル)を使うか決めましょう。

 

Cケーブルの設置
保護配管の中にケーブルを納め設置する方法をお勧めします。ケーブルが紫外線や風雨によって劣化してしまうのを防ぐためです。

 

Dその他の設置場所
設置場所が壁、天井の場合には、直接壁に取り付けます。カメラを設置したい空間に壁や天井がないときには、ポールなどを使うとよいでしょう。ポール取付金具を使えばカメラが取り付けられます。

料金の目安

家庭用防犯カメラ・監視カメラ導入の際、高い費用がかかるものはカメラ本体、レコーダー、工事費の3つです。
(防犯・監視カメラの一般的な普及に伴い価格は年々低下している傾向にあります。)

 

カメラは、規格によって値段は変動しますが、お勧めしたい三種類のカメラの価格をここでは紹介しようと思います。

 

@AHDカメラ
カメラ本体:2万?6万円
レコーダー:8万円?20万円(接続するカメラの台数による)

 

Aアナログカメラ
カメラ本体:2万円?6万円
レコーダー:8万円?20万円(接続するカメラの台数による)

 

Bネットワークカメラ
カメラ本体:5万円程度 
レコーダー:14万円程度

 

工事費は15万円前後かかります。

 

 

まとめ

以上、一般家庭に防犯カメラ・監視カメラを設置する時にオススメのカメラや設置の方法、料金の目安について書いてきました。

 

防犯目的のカメラを屋外に設置をしようと考えるのなら、防水仕様のカメラを選ぶと良いでしょう。
夜の間の明るさを考え、街灯の光がある住宅地には赤外線LED付きカメラ、またはデイナイトカメラが最適です。
カメラの規格によりますが、現在そして今後のカメラ市場を見て考えると、AHDカメラ、またはネットワークカメラが良いと思われます。
一方で、選ばない方が良いカメラは、SDカード内蔵タイプのもの、HD-SDIカメラ、ワイヤレスカメラです。

 

防犯目的の家庭用防犯カメラ・監視カメラの設置をお考えなら、上でおすすめしたカメラから選んでみてください!

 

独自の仕入れルートをもっていることから、同業他社に比べて、割安な提案ができます!

個人向け住宅から、マンション、工場まで様々な提案が可能です!!

購入前にチェックしておきましょう

防犯カメラ 設置工事